本文へ移動

小樽市銭函から発信「kitatoki」東北木材のブログ

『kitatoki』 キタトキ 北と木 北時 北の大地から発信します

RSS(別ウィンドウで開きます) 

意外なことに世界一位!フィンランドのコーヒー事情

2016-09-30
カテゴリ:海外出張 ~ 北欧 ~
 
 
▼明日10/1はコーヒーの日
 
 
 
 
コーヒーの消費量が多い国がどこか知っていますか?
 
 
実は1位はフィンランド!
 
 
 
 
 
他の統計方法で見ると、ルクセンブルクが1位といわれる場合もあるようですが、
 
これはルクセンブルクが嗜好品の税金が低く、
 
ドイツ・ベルギー・フランスなどの周辺国からコーヒー好きがまとめ買いに来るからだそう。
 
 
 
 
 
 
実質コーヒーの個人消費量が世界第一位と言われているのはそういった理由があるんですね。

たしかに、フィンランド人のコーヒーを飲む頻度から考えると一位がフィンランドなのは確かな気がします。
 
 
 
 
今回フィンランドで取引先を訪問した際にも、ミーティングには必ず
 
大きなポットに入ったコーヒーと大量のお菓子が並べられ、
 
一日に何件もミーティングがある日は、コーヒーでおなかが膨れるほど。
 
それも浅い焙煎のドリップ式コーヒーが好まれるそうで、

出てくるコーヒーも浅煎りのさっぱりしたものが多いです。
 
 
これはオフィスを訪問した際も ご家庭に伺った際にも必ずコーヒーでおもてなしを受けるので、
 
フィンランドの文化として根付いているのだなと感じます。

 
▼ミーティング@フィンランドの某社
 
 

そして驚いたことに、フィンランドの職場や学校ではkahvitauko(カハヴィタウコ)と呼ばれる
 
15分ほどの休憩をとることを国が定めていて、

その際には”コーヒー飲料をとること”とも明記されている世界で唯一の国。
 
どれだけコーヒーが日常に欠かせない存在なのか、こんなところからも想像できますよね。
 
 
 
 
 
▼フィンランド ヴァンダー空港でコーヒーブレイク
 
 
 
フィンランド人になぜこんなにもカハヴィタウコ(コーヒーブレイク)が大切にされているのか、
 
それはフィンランド人がシャイな国民性だからなのではと考えています。
 
 
 
意外にもフィンランド人は積極的にコミュニケーションを取るタイプの人は少なく、
 
時間をかけて徐々に打ち解ける、なんだかまるで日本人のような性格の人が多いんです。
 
これはビジネスの場でもそうで、コーヒーを片手に時間を共有することで
 
徐々にコミュニケーションをとっています。
 
 
そしてそのカハヴィタウコの時間はただコーヒーを飲むだけでなく、
 
アイディアを創造することや信頼関係を築くための必要な時間。
 
 
当社がフィンランドの製品を多く扱うのは その素材の良さもさることながら、
 
そういったシャイなフィンランドの国民性がどこか日本人に共通していて好きだからなのだと、
 
カハヴィタウコのおもてなしを受けるたびに感じています。
 
コーヒーの良い香りの中で徐々に打ち解けていく、
 
時間の使い方が素敵なフィンランドらしい習慣ですよね。

 
 
▼フィンランドのヴァンダー空港 きれいな色のオブジェ(?)
※この写真に映っているある素材が実はちょっと新商品に似ていたりします(#^^#)
 
 
 
カハヴィタウコを共有したフィンランドの企業と当社が新たに始めようとしているプロジェクトが、
 
素敵なものになることを今から期待していてください(#^^#)
 
次回の更新も、フィンランドについてご紹介したいと思います。
 
お楽しみに!
 
 
 
 
 
ブログランキングにも参加しています。
応援クリックもよろしくお願いします(#^^#)
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

    森と湖の国フィンランドから

    2016-09-29
    カテゴリ:海外出張 ~ 北欧 ~
     
     
    セントレアからフィンエアーAY0080便で日本を飛び立ち、約二週間。
     
     
     
    長かったような短かったような北欧出張も終わり、日本に戻ってきました。
     
     
     
     
     
     
    実はフィンランドは、日本から一番近いヨーロッパの国。
     
    直行便を利用し約10時間でフィンランドのヴァンダー空港から中部国際空港まで戻ってきました。
     
     
     

     
     
     
     
     
     
    今回の出張では初訪問の国があったり、新しい製材工場のオープニングパーティーに参加したり、
     
    新たな建材の取り扱いを開始したりと、
     
    充実した内容の出張でしたが 実は水面下で動き始めたプロジェクトもあるんです。
     
     
     
    こっそり先にお知らせすると、
     
     
    森と湖の国と言われるフィンランドの木材を利用して、新しいプロジェクトが始動しようとしています。
     
     
     
    それはどんなことか??
     
     
     
    今後のブログやホームページの更新を楽しみにしていてください(#^^#)
     
     
     
     
     
     
     
     
    ブログランキングにも参加しています。
    応援クリックもよろしくお願いします(#^^#)
     
    ブログランキング・にほんブログ村へ

      雨と木材の話

      2016-09-28
      カテゴリ:木材のこと
      雨の銭函営業所
      虹
      虹
      小樽市銭函  18/23℃ 天気:雨のち晴れ
       
       
      天気が不安定な小樽市・銭函ですが、先週土曜日の雨上がりに虹が見えました(#^^#)
       
      うっすらと虹がかかっているのが、写真で確認できるでしょうか?
       
      一枚の写真におさめることができなかったのですが、半円のきれいな虹がかかっていました♪
       
       
      ところで新築の際などに木材が雨に濡れると、木材の反りや曲がり、腐ったりしないか…?等を心配されるかと思います。
       
      意外かと思いますが、雨に濡れても再度乾かせば心配することはありません。
       
      なぜかというと一度乾燥処理を施した材は、雨に濡れても乾かせば同じ含水率に戻る性質があるからです。
       
      また木材は水分を吸収したり放出する調湿作用があります。
       
      元々木は水分を多く含んでいるものですが、住宅に使われる木材は伐採後すぐに乾燥され、含水率が低い材を使用しています。
       
      木造住宅は高温多湿の日本の気候に合った建築なんですね。
       
      でも…雨でも大丈夫と聞いても、どちらかといえば天気は晴れがいいですよねcool
       
       
      ブログランキングにも参加しています。
      応援クリックもよろしくお願いします(#^^#)
       
      ブログランキング・にほんブログ村へ

        苫小牧事務所へお気軽に見学にお越しください♪

        2016-09-27
        カテゴリ:製品のこと~エコナウォール25~
        東北木材苫小牧工場
        苫小牧晴海町  11/22℃ 天気:曇り
         
         
        本日は苫小牧工場に来ております。
         
        実は銭函事務所から高速を使って40~50分の苫小牧市。
         
        豊富な水と木材資源に恵まれた苫小牧では木材・製紙工場が数多くあり、当社の苫小牧工場もその一つです。
         
        また当社苫小牧工場では事務所の2階にエコナウォール25を塗ってあり、見学いただくことが可能です。
         
        これから寒くなる北海道の冬の暖房費節約を検討されていましたら、お気軽に見学にいらしてくださいね(*^-^*)
         
         
         
        ブログランキングにも参加しています。
        応援クリックもよろしくお願いします(#^^#)
         
        ブログランキング・にほんブログ村へ

          ポーランド・ムロフのストラ・エンソ社 新工場を訪問してきました。

          2016-09-26
          カテゴリ:海外出張 ~ 北欧 ~
          Dzień dobry ジェン・ドブリィ
           
          ※ポーランド語でこんにちは
           
          答えはポーランドでした。
           
          インスタグラムやフェイスブックを見ている方にはすでに答えが判明していましたね(#^^#)
           
           
           
          今回の出張では、ストラエンソ社のムロフ新工場の記念式典に参加させていただきました。
           
           
           
           
           
          製材所の事務所らしく、建物は木材が使われ
           
          記念式典ではポーランドの伝統衣装をまとった方たちが
           
          踊りを披露してくれたりと 楽しませていただきました。
           
           
           
          実は多民族国家のポーランドでは、地域によって民族衣装も様々あるそうです。
           
           
           
           
          コンテナに木材を積み込んでいる様子です。
           
          ユニーズ便では、このコンテナの空いた空間にお客様のご要望の商品を混載してお届けするサービスを提供していますので、お気軽にお問い合わせください。(宣伝です!)
           
           
          最後に、式典でも流れていた動画をご紹介します。
           
          ぜひご覧になってみてください(^^)
           
           
           
           
           
           
          ブログランキングにも参加しています。
          応援クリックもよろしくお願いします(#^^#)
           
          ブログランキング・にほんブログ村へ
            TOPへ戻る