小樽市銭函から発信「kitatoki」東北木材のブログ

『kitatoki』 キタトキ 北と木 北時 北の大地から発信します

 

北欧から物置が届きました!②

2017-10-24
カテゴリ:木製ガーデンハウス

まずは、土台を設置。

現場での作業軽減、廃材の削減、そして建築に素人の方でも簡単に組み立てられるように、

使用する部材のACQ土台を横架材加工機でプレカット

その上に載せる構造用合板12mmも合板加工機であらかじめプレカットして、部材を工場から直送。

 

Freave

 

オリンピックステインのクリアで防風処理。

30分もかからず、土台完了!

 

Freave

 

枠の組み立てです。外側の根太と、直行する根太をビスで固定します。

 

Freave

 

物置の土台枠を組み立てたら、4隅に柱を立てていきます。

 

Freave

 

次に床材の取り付けです。

固定する前に一度並べて確認します。

木材の特性上、反りや曲がり等がありますが、

ビスや釘で意外と軽い力で矯正できますので、

あまり気にせず取り付けました。

 

Freave

 

つづく

 

 
 

    北欧から物置が届きました!①

    2017-10-19
    カテゴリ:木製ガーデンハウス

    北欧から物置が届きました!

     

    Freave

     

    所要日数は乗り継ぎ便や経由港の違いによって若干異なりますが、40日程度かかります。

    以前、コンテナに入っていた荷物が輸送途中に荷崩れを起こして、商品を破損させた経験があるだけに、

    コンテナ開梱後、頑丈な梱包で荷姿が非常に良好である事が確認でき、まずはほっと。

     

    Freave

     

    商品を物置の設置場所、銭函工場へ移動

    パッキングリストと現物を照らし合わせながら、商品の検品作業。

    出荷ミスもなく、若干反っている部材も確認できましたが、

    全体的に良好な品質といえます。

     

     Freave

     

    「自分がどこまでできるか試してみたい!」の声にお応えして、

    今回女性事務員が挑戦する物置は6㎡タイプ。

    さて、その結末は?

     

     
     

      What's next??

      2017-10-05
      カテゴリ:木製ガーデンハウス

      DIY女子部 久しぶりに登場です。

       

      次はナニかな?

       

      Freave

       

       

       

       

       

       
       

        ZEHの先にある、蓄熱・遮断技術セミナーのご案内

        2017-10-04

         

        准教授 小林光様より2017年10月25日(水)に
        TKP札幌ビジネスセンターにおきまして、
        「ZEHの先にある、蓄熱・遮断技術セミナー」が開催されます。
        是非この機会に一度ご来場ください。
         
        --------------------------------------------------------
        内容:ZEHの先にある、蓄熱・遮断技術セミナー
        日時:2017年10月25日(水)
        会場:TKP札幌ビジネスセンター
        費用:無料(申込期間:2017年10月20日(金))
        定員:100名(先着順)
         

         

         

         
         

          カナダで発見!③

          2017-09-27
          カテゴリ:海外出張 ~ 北米 ~

          現在GAPが入居しているロブソン通り沿いにMUJI(無印良品)Opening soon!

          毎年、海外で50店舗新規出店を目指しているようで、

          MUJIの海外店舗数は、現在400店舗に達したようです。

          住宅事業にも参入し幅広い品ぞろえの無印良品、ガンガン行く姿勢は見習いたいです。

           

          Freave

           

          さて、この度のカナダ出張では、効率的かつ有意義な視察を行う事ができました。

          現地でお世話になった全ての皆様には、改めて感謝申し上げます。

           

          fin