本文へ移動

北欧デザインの現代木造建築『カンピ静寂の礼拝堂』 

2016-09-12
カテゴリ:海外出張 ~ 北欧 ~
 
 
答え:木造建築の礼拝堂でした。
 
 
 
この礼拝堂は、ヘルシンキ中央駅すぐそばの
 
カンピショッピングセンターのすぐ横にあり無料で開放されていました。
 
 
 
 
 
このエリアは近年開発がすすみ、若者を中心に賑わっている地区なのですが
 
この建物は「静けさ」をコンセプトに建てられたそうで、
 
内部空間から感じるのは優しいトップライトからの光と神秘的な空気
 
 
 
 
 
木が持つやわらかい雰囲気と自然の光の効果なのか
 
とても穏やかな空間がそこには広がっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全面が木という外観の美しさにも圧倒される建築物です
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンランド建築の「木、光、クラフトマンシップ、建築ディテール」を感じられる建物でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、この礼拝堂は2年に1度選定される
 
「ワールド・デザイン・キャピタル」で
 
2012年にヘルシンキが選ばれた際 それを記念して建てられたそうです。
 
 
K2S 設計事務所(主任設計者Mikko Summanen)設計
 
 
そしてこの事務所には日本人のTetsujiro Kyumaさんという方が所属され、
 
このプロジェクトにもお名前が載っていました。
 
素晴らしい建築物に さらに日本人もかかわっていると知ると、とてもうれしく思いますよね。
 
 
 
 
 
 
 
カンピ静寂の礼拝堂 / Kamppi Chapel of Silence

          Simonkatu 7、00100ヘルシンキ
        (0)9 2340 2018 358

         営業時間: 月曜日から金曜日 8:00-20:00、
                         土曜日 と 日曜日  8:00-18:00

お問い合わせ:
Helsinginseurakuntayhtymä/ KirkkoHelsingissä

FB:https://www.facebook.com/kampinkappeli
 
 
 
 
 下記サイトでチャペル周辺や、建物の外観など360度見ることができます。興味のある方はどうぞ ↓
 
                 こちらをクリック
 
 
 
 
 
 
ブログランキングにも参加しています。
応援クリックもよろしくお願いします(#^^#)
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
TOPへ戻る