本文へ移動

KITATOKI / 東北木材ブログ

KITATOKI -北の大地、銭函から

Cedar Plank(杉板)BBQ@「エバ」

2020-06-25
カテゴリ:Nor.t.hのこと
注目オススメ
弊社のショールーム(Nor.t.h)敷地内に設置されている大人気のBBQハウス「エバ」
 
3月にここで初火入れ(BBQ)をしてから、早数か月、季節も早春から初夏になり天狗山のお色もグリーンにすっかり様変わりしておりますが、「エバ」もランプが室内に設置してあり、以前よりもムードある雰囲気に変化を遂げております。
↑芳醇な味わいと深い薫りを創造する杉板
 
今回の目的は、弊社ショールーム、Nor.t.hにて期間限定で取り扱うCedar Plank(杉板)の試用。
杉板に直接食材を乗せて焼き上げる面白いスタイルです。
 
ジューシーで芳醇な味わい、深い薫りが楽しめる!とのことです。
 
杉板で調理できるのか?焦げないのか?などと疑問はたくさんありますが、まずは何でもトライです!
 
では、実際に焼いていきましょう。レッツゴー!
 
Cedar Plank(杉板)の良いお仕事♪
予め水に浸した杉板の上の食材を乗せます
アルミホイルで覆います
火にかけて数分後、いい薫りと煙が出てきました
焼き始めは、とても静かで本当に火が通るのか不安でしたが、ラストスパートというべきか、焼き上がり2分前から燻されたような感じのよい薫りがBBQハウス内いっぱいに広がりました。
煙も結構出てきましたが、大きな煙突があるから、安心♪
そろそろ火から下ろします
おぉー!ジューシーに焼けております!
焼けてます♪ わざとらしい煙ですが、加工無しです!
杉板で焼かれるギアラ
ギアラの焼き上がり
杉板を使わないでギアラを焼きます
全て焼きあがったので実食です。
 
高温でじっくりと焼き上げているので、ジューシーに仕上がってます!
パサつきがちなサラダチキンも柔らかくてジューシー。杉の良い薫りを十分に楽しめます。
 
暫し無言で実食。
 
そして、杉板使用、未使用の味と香りをきちんと比較したかったので、ギアラは使用、未使用で焼いて食べ比べ。
杉板を使ったことにより、風味が全然違います。
ギアラ特有の脂っこさがマイルドになっており、つい食べ過ぎてしまいました。
 
そして、杉板(Cedar Plank)は、燃えることなく芳醇な味わいと深い薫りを食材に与え良い仕事をしてくれました。
まさに縁の下の力持ちっていう感じですかね。
 
Cedar Plank(杉板)は、Nor.t.hショールームにて期間限定で購入可能です。
これからのBBQシーズン、杉板をこっそり持参してみんなを驚かせませんか?
 
詳細は、Nor.t.hショールームまで…
〒047-0261 北海道小樽市銭函2丁目197-5
電話:0134-61-7181 FAX:0134-61-7189
 
    
 

 
 
TOPへ戻る